記事一覧

ホームページ制作と在宅ワーク

今回は、「ホームページ制作を在宅ワークにすること」について書いていきたいと思います。

在宅ワークの中でも報酬が高いことで知られる「ホームページ制作」ですが、私のような初心者にはなかなか手が出せない仕事であるのも事実。

そこで「ホームページ制作に向いている人」「ホームページ制作のメリット・デメリット」についても調べてみました。



この記事の内容

ホームページ制作を仕事にするには?

向いているのはこんな人

稼げるようになるまでが長い?

「1時間」でどれくらいのことが出来るか

















ホームページ制作を仕事にするには?


ホームページ制作をしている人をWebデザイナーと言います。
Webデザイナーになるなら、まずは在宅ワークのサイトに登録することから始めます。
その中にある様々な仕事から、自分が出来そうなものを選択します。

【Webデザイナーの仕事内容】
最初から高度な技術が必要な仕事は難しいため、比較的簡単に出来そうなものを選びます。

・サイトの運営、管理、構築
中にはHTMLやCSSなどの知識が必要な業務もありますので、内容を事前にチェックしておきましょう。

※HTML→ブログやホームページ自体の構造
※CSS→ブログやホームページの装飾のコントロール










向いているのはこんな人


Webデザイナーに向いていると言われるのは、以下のような人です。
・家で仕事をしたい人
・事情があって家から出られない人
・家族との時間や自分の時間を長く持ちたい人
・自己管理が出来る人
・計画を立てて作業が出来る人

てっきり「パソコン操作や仕組みに詳しい人」とかが入っていると思いましたが、意外にも「自己管理」や「計画性」の方が重要なようですね😲
あとは「時間をどんな風に使いたいか」。

特殊な技能や経験は必ずしも必要ではないんですね。
ただ、スキルがあれば作業が効率的になりますし、どんどん仕事も請け負うことが出来ますから、関連する知識はあって損はないでしょう。














稼げるようになるまでが長い?


【ホームページ制作のメリット】
Webデザイナーのメリットは、一時的な報酬が高いことです。
そのため、仕事に慣れてくれば月に20万くらいは稼げます。
また、この他に毎月「ホームページ管理費用」という収入が入ります。
このホームページ管理費用とは、Webデザイナーがホームページの管理・更新などの面倒な作業を引き受けることに対して、「管理費用」を受け取れる仕組みです。
この時、クライアントが個人なら数千円ですが、企業だと数万円まで報酬が上がる場合も。


【ホームページ制作のデメリット】
報酬は高めのWebデザイナーですが、しっかり稼げるようになるまでは時間がかか
と言われています。
大体半年から1年くらいはかかってしまうんだとか。
それに、すぐに報酬が高い仕事を請け負えるわけでもないです。
いきなり「Webデザイナーだけで生活する」のは難しいでしょう。


仮に今思い切って退職し、Webデザイナーに転職したとしても、安定した収入になるまでが大変。
私ならちゃんと稼げるようになるまで2年はかかるかも…(笑)
しばらくはまともに生活出来ないかもしれませんね😨

さすがにそれはまずいので実行はしませんが、もしやるなら、仕事を辞める前から副業として始める方が安全ですね…。(なかなか目処が立たないけど)
















「1時間」でどれくらいのことが出来るか


Webデザイナーの報酬は、1時間でどの程度の量をこなせるか にかかっていると言われています。
初心者が最初からたくさんの量をこなすのは無理ですよね。
やっぱりある程度収入が安定するまでは、アルバイトでも他の仕事も考えた方が良さそうです。










201804101723216b9.jpg





まとめ

今回は、「ホームページ制作を在宅ワークにすること」について書きました。
詳しく調べると、思っていたより安定するまで長い時間が必要なんだな、と実感しました。

それでも1人で出来る、家で出来る、他人に煩わされないという点はやっぱり魅力的に思えます。

ちょっとずつでも理想の環境に近付けるよう、前向きに頑張っていきます!











転職活動ランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト