FC2ブログ

記事一覧

転職が決まってから退職する?

皆さんは今の職場をどう思っていますか?
最近は以前に比べ、働き方や休みの取り方などが自由な会社も出て来ました。
都会だと、週休4日の企業もあるようです。
しかし、全ての企業が労働者に良い条件になったわけではありません😰

私はもっと自分の時間や、好きなことに使うお金が欲しいです。だから、いつかは絶対転職するぞ~!と密かに決めています。
今回は「転職の準備、手順、退職時のコツ」について書いていきます!



目次

活動を始める時期

転職するにあたって

ハローワークか民間か
















活動を始める時期


【在職中に決める場合】
まず、活動を始める時期ですが、出来るなら在職中の方が良いです。
その理由は、企業に応募して選考を通らなかった場合、現在収入がなければ不安ですよね?
前の会社より良い条件の所に行きたいのに、お金がなくなったら焦ってしまい、どこでもいいから今出ている会社に…なんて事になるかもしれません。
もしかしたら自分に合う企業の求人がこの後出るかもしれないのに、勿体ないですよね😣。

その点、収入がある状態なら選考に通らなかったとしても安心です。
心に余裕を持った状態で活動出来ます。それに、在職中でも面接は受けられます。
平日が仕事で、なかなか休みを取れなくても、応募先に相談し、日程を調整してもらう事も可能です。

在職中に転職活動をし、採用が決まった場合、今勤めている職場をいつ退職するかも重要です。
新しい会社がいつまで待ってくれるかにもよります。(大体1ヶ月くらいなら大丈夫なようです。)




【退職してから探す場合】
事情を話して、すぐに辞められるなら問題ありませんが、引き継ぎや人手不足を理由に、了承してもらえない事もあります。
法律では、2週間前までに退職を願い出れば良いとされていますので、辞める日の2週間前になったら退職したい旨を伝え、次の日から出勤しない、という方法でも大丈夫です。

ただ、なるべく円満に退職したいのであれば、早目に相談しておくのも1つの手です。
1ヶ月前で駄目なら、2、3ヶ月前です。そんなに早くから伝えて、周りに知られるのでは…?と心配になるかもしれません。
その場合は、公表するのはもう少し後にして欲しい、とお願いしてみるといいでしょう。

引き止めるということは、今すぐに辞められたら向こうは困るわけです。こちらの気持ちにも配慮してくれると思います。
ちなみに退職の理由は、「一身上の都合」でOKです。
もしも詳しい理由を聞かれたら、当たり障りのないものが良いです。

「人間関係」や「給料」などの後ろ向きな理由ではなく、「スキルアップ」や「興味があった」などの前向きな理由にすると納得してもらえます。
この退職理由は、転職の面接でも必ず聞かれます。その際、前向きな理由があれば、面接官にも好印象です😄











転職するにあたって


活動を始めたら、1番重視するのは自分の希望です。
仕事内容では資格や経験を活かせるか、忙しさ、やりがいなどです。
職場環境なら雰囲気や平均年齢、通勤時間ですね。

あとは福利厚生も重要なポイントです。
ボーナスや退職金、出産、育児休暇制度の有無、長期休暇は取りやすいか、などです。
教育制度が整っているかも気になる所です。
こういった点が不明な場合は、面接の際に確認する事をおすすめします。
















ハローワークか民間か


就職活動をするには、ハローワークもしくは民間の転職サービスを利用します。
どちらも求人を紹介してくれて、求職者の利用が無料です。

ではどこに違いがあるのでしょうか?
まず、ハローワークは求人数が多いです。
これは求人掲載の費用が無料だからです。
大企業ならともかく中小企業などには、採用にお金をかけられない所も結構たくさんあります。


反対に、民間のサイトは求人数は少ないものの、大手有名企業の求人が出ています。
民間の転職サイトは求人掲載有料です。
こちらに求人を載せられるという事は、資金に余裕がある会社と考えられます。

もしも、少しでも早く就職する必要があるなら、ハローワークの方が良いと思います。
求人の数が多いので、仕事は見つかりやすいです。
また、直接窓口に相談しに行けばアドバイスもしてくれます。
ハローワークが近くになくなかなか行けないのであれば、ネットでもハローワークの求人を見る事も可能です。


一方、自分の希望に合った職場を探しているなら、民間の転職サイト がおすすめです。
より良い条件の求人に応募出来ます。
また、こちらでも相談に乗ってくれるカウンセラーがいるので、安心です。



20180405184714fcc.jpg



まとめ

今回は転職について書きましたが、いかがでしたか?
転職は今後の人生を決めるポイントになります。働きながら活動するにしても、退職してから活動するにしても、自分に合ったタイミングで計画的に!

また、会社を辞めると健康保険や年金といった負担も出て来ます。
ある程度無職の状態でも生活できるよう、貯金しておくと安心です。
また次の就職先が決まった後、すぐに保険証が来ない事も少なくありません。

もし健康面で気になる事がある方や持病がある方、薬を貰うために定期的に通院している方は早目に受診しておきましょう!







FC2 ブログランキング
転職キャリアブログランキング
20代の転職・転職活動ランキング
ブログランキング ブログ村
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト