FC2ブログ

記事一覧

就職にも有利? 運転免許は必要か

就職や転職をきっかけに、運転免許を取ろうと考える人は多いと思います。

私も一応免許は持っています。
しかし、免許を取ってから数回運転しただけで、その後は何年も車に乗っていませんし、車自体持っていません。
幸い車の運転が必要な職種ではないので、社用車に乗る機会もなし。

今では完全にペーパードライバーな私ですが、生活面でも就活面でも「免許は持っていて損はない」と思っています。

そこで今回は、「運転免許と就職・転職」と「免許取得の流れ」「免許合宿の体験談」について書いていきます!

目次

※クリックすると飛びます。

地方と都会の免許事情

免許がないと就職出来ない?

免許の有無で面接が変わったこと

免許取得までのスケジュール

すぐに免許を取ろうとしたけれど

短期間で免許を取るなら「免許合宿」

免許合宿に申し込むまで

免許合宿での食生活

教官は怖い?上手くやっていける?

免許合宿は旅行気分で楽しもう!









地方と都会の免許事情


【運転免許がないと不便な「地方」】
車が好きな人はもちろん、そうでない人も地方では運転免許が必要になることがほとんどです。
電車やバスが数分置きに来る地域でない限り、高校卒業と同時に周囲から運転免許の取得をすすめられると思います。
1度都会に出て地方に戻る場合も同じです。


【都会で免許はいる?】
都会でも、必ずしも免許が不要というわけでもないようです。
特に営業職は免許が必要不可欠。
部署の異動、車の運転が必要な業種への転職などにより、教習所に通う人もいます。



免許がないと就職出来ない?


これは主に地方の話ですが、大きな市街地でない限り、自宅から会社までの距離が遠い場合が多いです。そして電車やバスの本数、時間も限られるため、私の周囲でも車通勤を選ぶ人がほとんどです。

「わざわざ遠くまで働きに行かなくても、自宅近くで働けばいいのでは?」という方もいますが、街中を離れると仕事が限られたものしかないため、皆やむを得ず車で通勤しているのです。

幸い、私は会社が近い街中に部屋を借りられたので、通勤には困りませんでした。
こんな風に地方でもある程度人口が多い所なら、バスの本数も増えます。
就職・転職先の会社に入るまで時間があるなら、近い場所に引っ越すという手もあります。
そうすれば車がなくても特に不便は感じません。


【地方の通勤事情】
電車やバスに遅れると、次が来るのは1時間後なんてこともざらにあります。
会社の始業時刻に間に合わせるなら、毎日早い時間に家を出なくてはなりません。
当然帰りも同じです。
残業になると帰宅時間が夜遅くになる、あるいはもう電車やバスがないのでタクシー頼みになることも。




免許の有無で面接が変わったこと


学生時代の夏休みに、企業の面接を受けた時のことです。
地元企業と都会の企業を受けたのですが、運転免許の話題になってから、空気が変わったことがありました。

①地元企業(結構街中、応募条件に免許の記載なし)

※趣味、ニュースについて話した後

面接官:「免許はこれから取るんだよね?」
私:「えっと、今のところは取る予定はありません。就職が決まったら近くに部屋を借りようと思っています」
面接官:「ドライブとかしないの?」
私:「遠出するなら、電車かバスですね。」
面接官:「…車ないとうち不便だよ?」
私:「出来るだけ通勤に便利な場所に住めればと思っています。」
面接官:「…。実家から通わないの?」
私:「はい、自立したいので」
面接官:「…。そっか、『車乗らない』っと…。」


②都会の企業(応募条件に免許の記載なし)

※自己アピールや趣味、志望動機を一通り終えた後

面接官:「免許は持っていないんですか?」
私:「はい」
面接官:「ドライブとか」
私:「(また?!)しないですね〰😓」
面接官:「取る予定も?」
私:「今の時点では」
面接官:「…分かりました。」



【面接だと免許があった方が好印象】
ちなみにどっちも職種は一般事務です。
私は「営業じゃなければ車いらないよね!」くらいにしか思っていたのでちょっとびっくりしました。
地元(地方)と都会の違いはありますが、職種は一般事務、かつ応募に運転免許はなし。
何より、途中までは結構順調だったんです。私もあまりガチガチにならなかったし、軽い雑談も振ってもらえて、「もしかしたらいけるかも?」と思ってました。

そしてやたらとドライブさせたがる謎。
「車乗らない=趣味がアウトドアじゃない=暗い」になってしまったのかな、とか考えたり😖
(自分では、テンションは低めだけど、別に暗くはないと思ってます(笑))


もちろん「免許がない」だけで不採用になることはないと思います。
職種だけでなく、会社そのものの価値観とかもあったのかもしれません。
ですが、夏休みに面接があった会社4つのうち、2つが「免許がない」ことに引っ掛かっていたので、さすがに「免許取らないとまずいかな」と思い始めました。


15289365980.jpeg




免許取得までのスケジュール



ここでは、運転免許取得までのスケジュールについて書いていきます。


1 【教習所を選ぶ】
免許を取得するのにかかる費用、時間を考えて、複数の自動車学校を比較します。教習所を決めたら、早速申し込みです。


2 【入校、オリエンテーション】
入校の際、必要になるものがいくつかあります。
住民票(本籍地記載)、本人確認書類(保険証がおすすめ)、認印です。
なぜ本人確認書類が保険証なのかというと、もしも技能教習中に、何らかの事故が起きたら病院に行く必要があるからです。
手続きの後はオリエンテーションがあります。


3 【適性検査】
ここでは、運転に対しての適性を調べます。運動能力、視力、聴力が問題ないかをチェックします。
この他に、各動作における速さ、状況判断力から、運転時に気をつけるべき点を知ることが出来ます。




4 【教習第一段階】
技能教習はAT車で12時間、MT車で15時間です。
学科教習はどちらも10時間でカリキュラムが組まれています。
そして技能教習は「時間内に全てのカリキュラムが終わらない」という場合も少なくありません。こんな時は技能教習の時間が追加されます。

学科と違い、技能教習は一人一人教官に指導を受けます。だから、進み具合も一人一人違うのです。
私も運転が壊滅的に下手で、なかなか教習所内のコースをクリア出来ませんでした。同時期に入校した人より数時間遅れてやっとカリキュラムを終わらせた記憶があります😢…。



5 【修了検定】
第一段階の次は、仮免許を取得する為の修了検定があります。
修了検定では教習所の決められたコースを走り、標識を理解しているか、道路ごとの運転のルールを守っているかを教官がチェックします。

6 【仮免学科試験】
修了検定に合格したら、次は学科の試験になります。50問のうち45問正解で合格です。
この後に、仮免許証が交付されます。







7 【教習第二段階】
第二段階に進むと、技能教習が19時間、学科教習が16時間です。
ここからの技能教習は、本物の道路で行います。人通りの多い街中、田んぼに囲まれた道、高速道路など、いろんな道を走ります。


【実際の道路を運転してみた感想】
実際に車や人がいる場所で運転するわけですから、ガチガチに緊張しました( ̄▽ ̄;)
教習所のコースと違い、前後の車や対向車、歩行者の動きにも細心の注意を払います。(突然横断する人、煽ってくる車もいます😨)

こんなことを書いたら、外を走るのが恐ろしく思えるかもしれませんが、隣には教官が乗っています。
彼らは生徒以上に周りを見て、状況を判断しています。それに、助手席にもブレーキやハンドルがありますから、こちらの判断や動きが遅かったとしても、先に危険を回避してくれます。
卒業試験でない限り、教習中はいろいろとアドバイスしてくれますよ😄





8 【卒業検定】
第二段階を終え、効果測定をクリアすれば、卒業検定です。これは技能のみの試験になります。走る場所は第二段階で走行した道路です。教習所内と同様、ルールを守り、安全に運転しているかをチェックされます。この試験に合格したら教習所は卒業です!


9 【本試験、免許証交付】
教習所を卒業したら、卒業証明書をもらい、自分が住む都道府県の運転免許試験場または、運転免許センター
で学科試験を受けることになります。

試験は95問中(配点1点の通常問題が90問、配点2点のイラスト問題が5問)で、100点満点中90点以上で合格です。学科試験に合格すると、その日のうちに手続きをして、免許証をもらうことが出来ます。

もしもこの試験が不合格でも、日を改めて再び受験することが可能です。


20180404190303087.jpg



すぐに免許を取ろうとしたけれど


「就活の前に免許だ!」と思い、ようやく自動車学校について調べ始めました。
しかし、当時私が住んでいた学生アパートから自動車学校までは結構遠く、送迎バスがあるとしても帰りが遅い時間になるのは分かっていました。

おまけに、そろそろ卒業論文にも取り組まなければいけない時期に…( ̄▽ ̄;)
そして何となくですが、「私運転下手だろうな」「時間かかるだろうな」といった予感がありました。(見事に的中しましたが)

普通に通っていたら、いつ卒業出来るか分からない。そもそも内定も出てないのにあまり免許に時間をかけていられません。
そこで、私が選んだのが免許合宿でした。



短期間で免許を取るなら「免許合宿」



免許の取得を目指す人の中には、時間的余裕がない人もいるかと思います。
その場合は、短期間で免許を取得しやすい合宿免許がおすすめです!

基本的な流れは、先程紹介したものと一緒ですが、教習のスケジュールがびっしりになります。
短い期間で取るとなると、普通に通って教習所に来るよりも、1日の教習時間が増えます。

また、合宿中は、教習所が用意したホテルなどに滞在することになります。一応最短の日数で部屋をとっていますが、技能教習が進まず、日にちが伸びたとしても、追加の料金は発生しません。
また、スケジュールもその都度組み直してもらえます。

ちなみに、免許合宿の最短スケジュールは、(教習所によって違いはあるものの)大体14日(AT車)または16日(MT車)です。



免許合宿に申し込むまで


私はネットを調べて、免許合宿サイトを発見しました。免許合宿サイトの中には、免許合宿を行っている自動車学校一覧のページがあり、その中から学校を探します。
地域や合宿プラン、かかる費用や希望宿泊先、参加人数の項目があり、自分の希望条件にチェックを入れました。


【地域によっては参加出来ない】
出て来た学校の中には、友人が通いで免許を取った所もありました。
結構評判も良いので、最初はそこで取れればいいな、と考えていました。
しかし、その学校では「現在自動車学校のある近くの地域住んでいる方以外」が合宿参加の条件でした。
つまり、「遠方(県外や県内でも遠い所)から来る人に限る」というものでした。
私はギリギリ参加出来ないエリアの住民だったため、その学校で行われる合宿は諦めました。


【県外の合宿に参加出来ることに】
近場では無理でしたが、県外にもう1つ自分の希望条件に近い学校があったので、そちらに参加することに決めました。
とりあえず、申し込みをして必要な書類や荷物を準備。費用は前払いだったので、先に指定の銀行に振り込みました。
事前にファックスで送るものもありました。ここまでほぼネットでのやり取りです。


【一応、前日に確認してみる】
あとはこのまま合宿の日に指定された場所に向かうだけです。
ただ、自分が行ったことのない土地で、当日トラブルや手違いがあっても困りますよね😓
「あなたは申し込みされていません」とか「ホテルが予約されていない」とか。

そこで私は出発する前日に、「ちゃんと自分が申し込みされているか」「書類が送られたか」を電話で確認しました。
その時は事務の方が電話に出たのですが、親切に集合場所の目印になるものや、迎えに来る職員さんの服装まで教えてくれました😆
これだけでも大分不安が解消されましたね。







免許合宿での食生活


教習所を選び、プランを決めるとき、注意したいのが食事です。
1日の食事のうち、朝、昼、夕の3食すべて付いているプランもあれば、朝と昼、あるいは朝と夕、さらには昼だけのプランもあります。
当然、3食付きよりも2食、2食よりも1食の方が費用は安いです。


【食事プランで私が失敗したこと】
以前私が免許合宿を利用した際は、費用を少しでも安くしたかったので、食事は朝のみのものを選択しました。
昼は教習所からお弁当が出ていたので、夜は適当でいいか、くらいに考えていました。

しかし、実際に合宿に行ってみると、結構栄養が偏っていました。
朝は宿泊しているホテルの食事をとっていましたが、なんというか、毎日同じものなんです😓
野菜があまりなくて、パンとお粥、漬物とスープ。
昼はお弁当が出ていましたが、すぐ後に技能教習があったため、あまりちゃんと食べていませんでした😅
ホテル近くにコンビニやスーパーがあり、買い物は出来て便利だったのですが、夕食も20時近くなることが多く、パンやお菓子で済ませる日もありました。



【不規則な生活の結果】
その上、もともと車にあまり興味もなく、周囲に促されてあわてて免許合宿に行ったので、正直、休みなしびっしりスケジュールや、教官と長い時間一緒の技能教習にストレスを感じてました😣

何より自分に運転技術が無さすぎて、技能教習が進まない…。

様々な要素が重なって、合宿に参加して1週間経つ頃には体調を崩していました。
それでも、同じく合宿に来ていた人々に励まされ、教官の方も相談に乗ってくれて、どうにか卒業出来ました☀




教官は怖い?上手くやっていける?


教官は怖いものだ、という思い込みもあり、必要以上に緊張してましたが、こちらの取り組む姿勢次第だと思います。

運転は一歩間違うと人の命が失われることもあります。
そのため、教官もこちらがいい加減な態度だと、厳しくなります。
教習の際に、運転に適した服装をし、下手でも真剣に取り組んでいれば、ちゃんと伝わります。
無闇に怒鳴られることはないはずです!



免許合宿は旅行気分で楽しもう!



免許合宿はスケジュールが隙間なく、慣れない土地での技能教習では、疲れが溜まりやすいと思われます。
しかし、普段住んでいる土地を離れて、自分が知らない道路を走るのは良い経験になると思います。

あと、合宿ならではのメリットとしては、ちょっとした旅行気分も味わえることです✨
私はもともと車好きでもなく、慣れるのに時間がかかって体調を崩しましたが、「車が好き・運転に抵抗がない」なら、合宿自体を十分楽しめること間違いなしです。
それに、同じ時期に入校した人同士で友達を作ることも出来ます😄
私は運転があまりにも下手で、何度も挫けそうになりましたが、励ましてくれた仲間がいたので最後まで頑張れました。

合宿を楽しむにしても、ハードスケジュールに付いていく体力は必須なので、食事や休養をしっかり取れる環境を選ぶも大切です!





まとめ

今回は「運転免許と就職・転職」と「免許取得の流れ」、「免許合宿の体験談」について書きましたが、いかがでしたか?
運転免許は身分証明書としても重宝です。
たとえ車に乗る機会がなくても、持っていて困ることはありません。
また、これから就職・転職するなら、履歴書に書けることや話せるエピソードが増えます。
そして会社によっては、「車の運転が出来る」ことでプラス評価に繋がることもあるでしょう。
自分に合った無理のないプランで、運転免許を取得してみてください😄❗





FC2 ブログランキング
転職キャリアブログランキング
20代の転職・転職活動ランキング
ブログランキング ブログ村
人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト